通気工法

空気の循環で住まいを守る

ナチュラルハウスでは、断熱材と外装仕上げ材の間に
通気層をもうけた通気工法を採用しています。
つまり外装材の内側で空気が循環しているのです。こ
の空気の流れで住まいを包むことにより様々なメリッ
トが生まれます。たとえば、断熱材の外側に通気層を
設けることにより、真夏の直射日光の熱を屋根裏に伝
えない構造になっているので断熱性に優れ、省エネ効
果も高まります。しかも屋根裏にある棟換気に向かっ
て常に空気が流れているので、水蒸気が構造躯体の中
に発生しても、比較的乾燥が早く結露が発生しにくい
構造となっています。また外装材は、夏場や冬場の厳
しい自然環境により膨張や収縮を繰り返しますが、
通気層をもうける事により熱膨張、反りなどのトラブ
ルを避けることができます。通気工法は、快適な居住
空間を創り出すだけでなく、高い省エネ効果や家の構
造自体を守る役目をになっているといえます。

通気工法概念図通気工法

壁の中にできる結露への対策。

壁の中など目に見えない箇所に起こる「内部結露」を
ご存知でしょうか。ガラス窓などにできる表面結露は、
乾かすことや拭き取ることが簡単にできます。しかし、
壁内などにできる内部結露は、発見する事自体困難な
上、乾きにくく拭き取ることもできないので、カビや
ダニの繁殖によって喘息やアトピー性皮膚炎を引き起
こす原因となります。また、構造体が濡れる事により
木材腐朽菌や白蟻の繁殖を招き、家を腐らせてしまい
ます。内部結露対策のために、ナチュラルハウスでは
「外断熱+通気工法」の住まい造りを行っています。
この2つの工法を駆使して住まいの耐久性を高めてい
ます。

内断熱工法の結露現象
ページの先頭へ
  • ナチュラルブログ
  • モデルハウスへようこそ
  • お客様の声
  • 実例物件紹介
  • スタッフ紹介
  • ここちよい家になるように
  • Moiss