住まいを造る光と風

住み心地の良い家を造るために

基礎や構造躯体等、建物本体を頑強に保つことは良い家を造る為の基本です。
ここでは、さらに自然環境と建物との関係から生まれる、住まいの快適さについてお話したい
と思います。

風と光

住み心地の良い家を造る為に、採光・通風を考慮して
建物をプランしていくことはとても重要なことです。
その為にはまず季節や地域によって異なる太陽の位置
や風の向きを知っていなければなりません。季節によ
って日照時間は異なり、太陽の位置も夏は高く、冬は
低くなります。昔の家は軒の長さで夏の陽射しを遮り、
冬の陽射しを取り込むという工夫がなされていたので
す。また家の中に風を通すことによって、空気を入れ
替える換気だけではなく湿気を取る作用もあります。
しかしながら湿度の高い日に窓を開けておくことは、
湿気を室内に取り込んでしまうので逆効果になります。
地域によって違う風向き、季節によって変わる風の流
れ方を考慮して、窓の向きや大きさを考えなくてはい
けません。

風と光
風と光

取り込み方のポイント

1)敷地を読む
建物は敷地と平行に建てると決まっているわけではありませ
ん。家相重視の方へは話しは違ってきますが・・。
太陽・風の向きを計算して土地に対して角度をつけ、取り込
み方の調整をしましょう。
また建物に凹凸をつければ、その形状を利用してデッキなど
を設けることによって内と外との中間域が出来、より自然を
近くに感じられます。

2)窓の種類
採光・通風の度合いや視線の排除など、立地条件にあわせて
窓種の選択が必要です。
窓の高さと位置はポイントといえるでしょう。
大きさについては、熱効率・断熱効果まで考慮すると、
窓周り(開口部)が一番熱損失の影響が大きいので複層ガラ
ス・LOW-Eガラスなど季節と方位にあわせて付加することも
必要となってきます。遮熱・紫外線カットフイルムなどはそ
の一つの例と言えます。

3)外構・植栽による考慮
道路に近い・隣地に近いなど、状況によっては窓位置に頭を
かかえることがあるでしょう。
基本的には、なるべく外に向かって開放的になるように計画
します。道路境界から建物まで70cmあれば植樹帯は造れま
す。外部の目線は外構でカバーすることも検討し樹種によっ
て風と光をうまく調整していきましょう。
また状況によっては中庭を設けるなど、内部に向かって開か
れた空間構成とハイサイドライトの効果を得るのも一つだと
考えます。

取り込み方のポイント

たて方向の配慮

風は季節の移ろいも運んできてくれます。また室内の熱を運
び去る働きもあります。
光は明暗を演出し温かさをもたらします。
風が抜けるためには、かならず風の通り道を考えて出入り口
の計画をしなければなりません。位置や高さによって風の抜
け方は違ってきますから、断面計画はとても重要になってき
ます。たとえばトップライトなどを取り入れ、住まいの上部
から光を取り入れること。上部からの光はサイドからの光の
3倍もの明るさを確保できます。さらにその光を、吹き抜け
や階段室を利用して1Fのリビングまでどう導くかが、たて
方向のプランニングです。上階から取り入れた光や風が階下
まで届くように、またその逆も考慮して、平面的にも立体的
にも検討しなければなりません。そのためには間仕切りの多
いプランはやめて、水平にも垂直にも抜けのある空間を造る
ことをご提案します。

たて方向の配慮

家づくりから環境を考える

心地よさを追求する一方で、一人一人が取り組んでいかないといけない問題が深刻な地球温暖
化です。建築分野でもスクラップアンドビルドから再生・リノベーションと、ここ数年取り組
み方に変化が見られるようになってきました。京都議定書発効から数年が経ち、日本のCO2削
減目標達成は厳しいのが現状です。国産材が価格面で敬遠されていた時代に、南洋材の需要に
よる輸入が膨らみ、東南アジア諸国の森林は広範囲で切り倒され、深刻な環境破壊へと発展し、
ついには伐採禁止・輸出ストップにまで至ることとなりました。
日本では処理できないゴミを海外(主にフィリピンなど)に輸出し、受け入れざるを得ない輸
入国はゴミ処理段階で出る廃液を河川にそのまま垂れ流し、また焼却時の排煙による汚染物質
で環境に暗雲をもたらしています。
私達に出来ること。企業としては廃材を減らし、省エネルぎー化に取り組み、土に還る自然素
材を提案していきながら住む人・環境にも優しい家造りを心掛け努力していきたいと考えてい
ます。

家づくりから環境を考える
ページの先頭へ
  • ナチュラルブログ
  • モデルハウスへようこそ
  • お客様の声
  • 実例物件紹介
  • スタッフ紹介
  • ここちよい家になるように
  • Moiss