鳥栖市 工事と ダウンライト

ものすごいスピードで木工事進んでいます。

11252

左上・右上:ニッチのカウンターも薄くしました。

左下:ご主人の部屋の書斎コーナー。カウンターの上に間接照明付きの棚を設けました。

右下:トイレ側の階段下収納。

11253

LDKの造作も進んで、形が見えてきました。

左上:ダイニングとキッチンが横並びです。後ろの勝手口は生活感が出ないよう引き違い戸を付けて見えなくします。キッチンの前にはカウンターが付いています。ここが子供さんのスタディコーナー予定。

右上:キッチンカウンターの笠木はすっきり見えるように、薄くしました。

左下・右下:天井ダウンライトの穴あけ終わってました。今回はダウンライトの配灯をすっきりさせることにこだわりました。

ダウンライトの配灯、プロでも悩むところです。

1ヶ月前に、DAIKOの高木さんという照明業界では有名な方のセミナーに行ってきました。

rbt

【DAIKO LIFEカタログ】

この方のセミナーはめちゃくちゃ毒舌。

でもめちゃくちゃ勉強になります!

btr

【DAIKO LIFEカタログ】

これから新築されるお客様はぜひDAIKOのLIFEカタログの後ろの方とか、間接照明・吹抜照明のカタログ読んでみてください。とてもおもしろいので。

https://www2.lighting-daiko.co.jp/led_products/catalog/

「ダイニングテーブルの中心に合わせてダウンライト配灯したら明るいですよってバッカじゃないの!」って、こんな感じで高木さんがおもしろくセミナーしてました。笑

要は、平面図とか家具のレイアウトに引っ張られてダウンライトを考えるなということですが…

集中配灯と呼んでいますが、このセオリーはDAIKOだけだと思います。私は自分が10年ほど前に高木さんのセミナーを初めて聞いた時の衝撃があり、ダウンライトの配灯に関して参考にしています♪

 

話変わりますが、鳥栖の現場ではタオル掛けなどのアクセサリーが続々と届いてます。

11251

この辺はお施主様の好みをお聞きして、私のほうからオススメしてます。

乞うご期待☆

福岡・佐賀の外断熱・自然素材の注文住宅・リノベーションのお問い合わせはNATURAL HOUSEへ

毎週水曜日定休

カテゴリー: ブログ, 新築, 注文住宅, 現場, 自然素材   パーマリンク